コエンザイムQ10の効果は嘘という説は、本当なのでしょうか? それは、ケースバイケースと言えるでしょう。 コエンザイムQ10は元々、心疾患に対する医薬品として製造・販売されていました。 海外では、比較的早い段階からサプリメントとして商品化されており、その抗酸化作用が注目されていたのです。 近年の日本でも、この抗酸化作用によるアンチエイジング効果が美容に良いとして、主に女性の間でブームになりました。 コエンザイムQ10の効果というのは、実に様々なものがあると考えられています。 美容効果だけでなく、高血圧などの生活習慣病の改善、血行促進効果による冷え性や肩こりの改善、ダイエット効果、ガン抑制、疲労回復、心機能改善、免疫力の向上など、非常に多くの効果や効能が謳われているのです。 これらは、理論的には決して間違っていません。 でも、コエンザイムQ10の摂取によって、身体が見違えるほど若返るかといえば、それが現実的ではないことは誰でも分かることでしょう。 コエンザイムQ10は即効性が認められている薬ではなく、あくまでもサプリメントですから、過度な期待は禁物です。 生活習慣や食生活を健康的なものにした上で、コエンザイムQ10を摂取すれば、多少の効果は得られるかもしれません。 ですが、何の努力もなしにコエンザイムQ10だけ飲んで効果が実感できるかというと、ちょっと難しいのではないでしょうか。